【会社員がApple Watchを使うべき3つの理由】営業職・販売職・管理職はマストバイ!

▧𝔸ℙℙ𝕃𝔼 ✎𝕎𝕆ℝ𝕂

「結局のところApple Watchって何が良いのかよく分からないよね。必要性も感じないんだけど本当に便利なの?持ってた方がいい理由なんてあるの?」

この悩みを解決します。

▪️記事のテーマ

【会社員がApple Watchを使うべき3つの理由】
営業職・販売職・管理職はマストバイ!

年間で300日以上使い倒しているApple Watchの魅力を解説します。

▪️目次

  • Apple Watchの種類と違い
  • Apple Watchを使うべき3つの理由
  • Apple Watchを買うならこれ

▪️お伝えしたいこと

この記事は「Apple Watchというデバイスが気になっているけどあと一歩を踏み出せない。購入するメリットまで見出せない」という方向けに執筆しています。

この記事を読むことで「Apple Watchを買って使ってみたらこんな感じか!」というところまでイメージできるようになります。

結論から言うとビジネスマン必須のアイテムです。直ぐに購入して使い倒して頂ければ世界は変わります。

それでは早速はじめていきましょう。

Apple Watchの種類と違い

Apple Watchは2015年に第1世代が発売されてから早くも5年が経過しました。

現在の最新機種は第5世代となっており、順当な進化を遂げてきています。

機能別の違いまとめ

機能第1世代第2世代第3世代第4世代第5世代
防水性能×
Apple Pay×
内蔵GPS×
内蔵容量8GB8GB8GB16GB32GB
心拍××

必要な箇所をピックすると大体この辺りが比較対象になります。

素材別の違いまとめ

素材第1世代第2世代第3世代第4世代第5世代
アルミニウム
ステンレス×
セラミック××
チタニウム××××

上から順に金額が安いです。一部素材は世代により限定で発売されている事もありますが、現在では購入ができません。

アルミニウムが一般的でステンレスは光沢のある素材、セラミックは白のみですが一風変わった風合いになっています。

チタニウムは第5世代ではじめて販売された素材ですが、iPhone11Proと同じ素材でステンレスよりもくすんだ色合いで洗練されたイメージを持っています。

>>詳しくは公式サイトから

Apple Watchを使うべき3つの理由

まず初めにお伝えしなければならないのは、Apple Watchは単体では全く使い物にならないということです。

この点を先に解説します。

★Apple Watchを使う上で必須なもの

  • iPhone(出来るかぎりIOSが新しいもの)
  • AirPods(どの世代でも構いません)

★Apple Watchを使う上であると便利なもの

  • iPad(iPadOSのものが良い)
  • Mac(外でPC作業をする人はMacBook)

iPhoneが無ければ話にならない!

iPhoneを持ってなければまず買って下さい。これが無ければ全く話になりません。

iPhoneが必要な理由は明確で、Apple WatchはiPhoneとペアリングすることで使えるようになるからです。

iPhoneを所持していない場合は単体として使うことになりまさしく時計としての役割しか持ちません。お洒落ってだけです。

AirPodsがないと便利じゃない!

無くてもいいんですけど、Apple Watchを買うなら持ってないと便利じゃないです。

Apple Watchを含めて三種の神器とはこの3つのことでしょう。

※関連記事はこちら———————————————————————————————————————-

使うべき理由その1:通知する内容を選択できる事

これは私が一番好きな機能です。これがあれば他に機能が無くても良いってくらい大好きな機能です。

恐らく使ったことがない方は「それって何が便利なの?」と思うでしょう。

私がよく使う分け方を紹介します。

項目Apple Watchに通知iPhoneに通知
社用メール×
私用連絡(LINEなど)×
電話×
アプリからの通知×

え?これだけの何が便利なの?って思いますよね。使わないと分からないんです、この便利さは病みつきになります。

あなたの周りに仕事中、通知がくる度に携帯を見ているはいませんか?あれ、非常に効率悪いです。

仕事中に私用連絡や無関係のアプリ通知を見ていて仕事の生産性は絶対に上がりません。仕事ができない人の典型ですね。

Apple Watchには仕事で必要な通知がくるように、iPhoneでは仕事で不必要な通知がくるようにする事で無駄な所作は無くなります。

手元がブルっときたら仕事に必要な連絡なので必要最低限の動作で確認しましょう。直ぐに返す必要が無ければそのまま無視、返す必要があれば返しましょう。

使うべき理由その2:アップル製品との連携が最高すぎる

やっぱりAppleって痒いところに手が届きすぎて気持ち悪いくらいに気持ち良いですよね。

★AirPodsとの連携

AirPodsとの連携は音楽を聴くとき、電話の時に力を発揮してくれます。
特に音量操作がやりやすいのが気に入っています。AirPodsからSiriを使って音量調整もできますが、段階的にしか出来ませんしわざわざiPhone取り出すのも面倒なんです。
もちろんBluetoothで接続するなんて面倒なこともありませんし、全てシームレスで繋がります。

★Macとの連携

なんと言ってもロック解除が超絶楽です。
指紋認証や番号入力も楽じゃん!と思う方も多いかと思いますが何もしなくても勝手にロックが解除されます。使いたい時に使いたいタイミングでMacを立ち上げるだけです。

★iPadとの連携

iPadに限らずその他のAppleデバイスにも言えることなのですが、同じAppleIDでログインしている端末であればAirPlayでデバイスの切り替えを瞬時に行えます。
これはApple Watchの操作にも言えますし、Apple Watch以外にも言えます。
例えば、いつもはiPhoneで音楽を聴いてApple Watchで操作しているけど、たまたまiPadで音楽を聴いている場合も繋ぎ直す必要はありません。そのままApple Watchが使用できます。

使うべき理由その3:Apple Payは生活を変える

世の中は日々変化し、買い物の仕方は様変わりしました。たったの10年間でです。

支払い方法も変わり、現金払いからクレジットカードが主流になり電子マネーでの支払いが当たり前の時代に変化しています。

電子マネーが主流になった昨今でも、【支払いを行う端末】はまだ固定されていません。今、最も便利なのがApple Watchでの支払いです。

★支払い方と主要電子マネー

電子マネー使用方法
Suica登録したクレジットでチャージ可・支払いも可
PayPayチャージ不可・QR支払いのみ可
QUICPay対応したクレジットカードの登録・支払い可

電車やバスなどの公共交通機関を利用する際にはSuicaを使って、それ以外の買い物ではQUICPayを使うイメージで考えると良いかと思います。

PayPayは支払い方法がQR払いのみのため使用できるお店が限られるのが難点です。この先のアップデートに期待ですね。

ちなみにApple Payを利用する際にはiPhoneを持っていなくても大丈夫です。スマートすぎて腰抜けますね。

Apple Watchを買うならこれ

最新のシリーズ5をオススメする理由は一つだけ。

プロセッサが最新のA5だからです。スピードと安定性が最も良い最新モデルの購入がオススメの理由です。

購入するどこでするのが良い?

素材を選ばないのであれば、2020年現在であればPayPayモール一択です。

税込で49,000円と公式ストアより価格は高いですが、PayPay残高とTポイントのバックが入ると実質39,000円で購入できます。

※Yahoo!ショッピングを押すとPayPayモールにリンクします

アップル公式ストアで購入した場合は税込で47,080円です。通常価格より高くなりますがPayPayは現在ポイント総額で20%還元のキャンペーンを行っています。

1万円分と同等の金額がバックされますので最もお得にApple Watchを手に入れる事ができます!

◆PayPayモールの還元率は変わる可能性があるのでご注意ください。

楽天やアマゾンのポイントを貯めている方はこちらからお得に購入ができます。

素敵なApple Watchライフを送って下さい。それでは!

人気記事アリエクスプレス登録方法を徹底解説!まずはこちらから