【Apple Watchの購入手順】あなたにピッタリのアップルウォッチは○○世代だ!

▧𝔸ℙℙ𝕃𝔼 ☈ 𝔾𝔸𝔻𝔾𝔼𝕋

Apple Watchを買いたい人「アップルウォッチは第何世代を購入すれば良いの?正規購入が良いの?中古で良いの?誰か教えてよ・・・」

こんな疑問を解決します。

▪️記事のテーマ

【Apple Watchの購入手順】 あなたにピッタリのアップルウォッチは○○世代だ!

あなたにピッタリのApple Watchが見つかるよう解説していきます。

▪️記事の信頼性

この記事を書いているMOKKON(もっこん)はApple製品オタクで持っていないものの方が少ないくらいです。

また、中国ガジェットにも詳しく電子製品を買い漁ってはレビューしたり使ったり人にオススメしているちょっと変わった者です。

>>この記事を見ている方に読んでもらいたい記事

▪️購入する際の基準

  • Apple Watchに必要な機能と求めることを整理する
  • 正規購入とモール購入と中古購入の違いを理解する
  • 中古購入の際の注意点と用意するものを理解する

この流れであなたにピッタリなApple Watchを購入できます。

▪️お伝えしたいこと

この記事は「Apple Watchを購入したいけど何世代のものをどのように購入すれば良いのか分からない」という方向けです。

記事を読むことで「私にピッタリなApple Watchはこれだ!」とイメージして頂けるようになります。

それでは早速はじめていきましょう。

Apple Watchに必要な機能と求めることを整理する

皆さんがApple Watchに求める最低限の機能はなんですか?まずはその整理からはじめていきましょう。

  • お洒落だから使いたい
  • 便利なアプリを使いたい
  • 支払いをスマートにしたい
  • フィットネスに使いたい
  • ビジネスに使いたい

求めることは大きくこの5つだけかと思います。詳しく解説していきます。

お洒落だから使いたい

この気持ちはすごく分かります。Apple Watchを購入する方で大きく分かれるのはこの時計がお洒落と思うか思わないかです。

昔ながらの時計を好きな方はデジタル時計全般の形があまり好きではないので購入されない方も多いと聞きます。

そのままでも十分お洒落なApple Watchですが、個性を出すには2つの方法しかありません。

素材で個性を出す選び方

本体には素材があります。アルミニウム・チタニウム・ステンレス・セラミックなどその風合いで着る服やあなた自身に似合うかどうかが決まります。

お洒落に着飾りたい方は「第5世代」一択です。

全ての世代で発売されたアルミニウムは現在の第5世代ではスペースグレー・シルバー・ゴールドの3カラーが販売されています。

第5世代は素材のバリエーションが今までの世代に比べ多く選べる幅が広いのが特徴です。

こちらはチタニウム(左)とセラミック(右)です。

スーツなどフォーマルなシーンに着用する予定の方へオススメなのは「チタニウム」カジュアルなシーンに着用する予定の方は「セラミック」なんでもオールマイティに着用する方は「ステンレス」か「アルミニウム」が選択肢となります。

オススメは少しくすんだ風合いの「チタニウム」です。悩んだ際には是非検討してみて下さい。

ベルトで個性を出す選び方

Apple Watchを購入した後にでも変更できるのがベルトです。ベルトを数種類持つことでApple Watchが全く違う顔になるので飽きることなく使用し続けることができます。

※注意点

Apple Watchは世代により大きさが異なります。素材の大きさにより選べるベルトサイズが異なりますので予め理解しておきましょう。購入の際に最も間違いをしやすいポイントになります。
また、ベルトはApple純正を購入したいところですが「とにかく高い」です。
購入するなら「Amazon」か「AliExpress」のどちらかが良いでしょう。
安く購入する場合は「AliExpress」一択で、早く欲しい方は「Amazon」を選びましょう。

>>AliExpressから購入する場合のオススメバンド

>>Amazonから購入する場合のオススメバンド

カラーベルトは上下でカラーを変えるのもオススメです。実際に私がよく使用している組み合わせは安定の”白黒”

私の場合は白を上、黒を下に着けています。白はアリエクスプレスで購入、黒は純正品ですが取り付けには何の問題もありませんでした。

便利なアプリを使いたい

Apple Watchには睡眠ログをとるアプリなど便利なアプリがたくさんあります。

アプリを使いたい場合の基準は一つです。使用予定のアプリが購入する世代に対応しているかどうかになります。

この場合、現在のOSアップデート対象は第2世代までのため必然的に第1世代のアップルウォッチは購入対象からは外れると考えて良いでしょう。

また、今後長く使うと考えた場合には第4世代以降の購入をオススメします。

比較的世代の新しいApple Watchを勧める理由として、古い世代はAppleが年に一度行うOSアップデートの対象にならない可能性が高いからです。
2019年の第5世代発表時には第3世代までしかアップデート対象になっておりませんでしたが、第2世代は機能制限付きでアップデートすることができました。このことを鑑みると来年のOSアップデートは間違いなく第2世代は弾かれ、第3世代も危ういです。

この用途で使用する場合は可能な限り新しい世代のApple Watchを購入してください。

支払いをスマートにしたい

Apple Watchの目玉機能は間違いなく「Apple Pay」です。

Apple Payの特徴は何といっても「携帯を取り出すことなく支払いを完結できる」点です。
iPhoneと連携するのが必須ですが、連携さえ完了すればiPhoneを忘れても単体で使用することができます。
特にSuicaを利用すると便利さは格段に上がり、公共交通機関での使用はもちろんコンビニやスーパーなどでも使用できます。さらにApple Watchにクレジットカードも連携しておけばSuicaへのチャージもそのクレジットカードからApple Watch一つでチャージすることが可能です。

難しい点はこちらのYouTubeで解説されていますので良かったらご覧になって下さい。

Apple Payは第1世代以外は全て搭載されており、今後OSアップデートが行われようとほぼ間違いなく無くならない機能です。

Apple Watchに求める機能は”時計”と”Apple Pay”だけ!という方は第2世代をオススメします。

フィットネスに使いたい

Apple Watchをフィットネスに使用したい方もたくさんいるかと思います。

フィットネスに使用する一つの基準は純正のフィットネスアプリを使用するか、サードパーティのアプリを使用するかです。

フィットネスに求める基準が低い場合(距離や速度や消費カロリーなどが知れれば良い)は純正アプリで十分事足ります。
そうではなく走った軌跡、何のトレーニングをいつしたのか、体重や筋肉量の測定などより高い基準をアプリに求める場合はサードパーティのアプリが必要になります。
  • 純正アプリで十分!→第2世代を購入して下さい。
  • 純正アプリじゃ無理!→第4世代以降を購入して下さい。

OSアップデートに対応しているアプリをお求めの場合は比較的新しい機種が必要です。

ビジネスに使いたい

ビジネスに使用する場合は以前の記事をご覧ください。

結論だけお伝えするとビジネスに使いたい場合は第2世代で十分です。

まとめ

  • お洒落だから使いたい→第5世代がオススメ!
  • 便利なアプリを使いたい→第4世代以降がオススメ!
  • 支払いをスマートにしたい→第2世代がオススメ!
  • フィットネスに使いたい→純正/第2世代・サードパーティ/第4世代以降がオススメ!
  • ビジネスに使いたい→第2世代がオススメ!

いかがだったでしょうか?Apple Watchを使用する上で必須な機能と購入すべきシリーズが明確になったところで続いてはどのようにして購入するか解説します。

正規購入とモール購入と中古購入の違いを理解する

Apple Watchを購入する上で次に考えることは「どこで購入するか」です。

結論から言うと「世代により異なる」ということです。

※第1世代は今回購入する上で論外なので解説しません。

第2世代〜第4世代を購入する場合

第2世代と第4世代はAppleの正規ディーラーやオンラインストアでは現在購入することができません。必然的に新品をモール(Amazon・Yahoo・楽天)で買うか中古市場(中古店舗・フリマサイト)で買うかに限られてきます。
第3世代はAppleストアから購入できますので、世代によって購入先を分けると良いでしょう。

>>どこで購入するかを選ぶ基準はこちら

  • 安心を買いたい→モール
  • 安さで買いたい→中古市場
  • Appleが大好き→Appleサイト

まずはどちらが良いか選んでください。これは人それぞれだと思います。

安心を買いたい→モール

モールで購入する場合は、仲介業者を介するので危険なストアと出会う事はあまりありません。そのかわり中古市場より高くなるのと、定価より高くなる場合もあります。

Amazonは基本的に定価販売、楽天に至っては定価より高いです。そうなると実質割引されているPayPayモール一択になりますね。

安さで買いたい→中古市場

安さを求めるのであれば中古市場で購入することをオススメします。

>>メルカリから探す場合はこちらから

>>ラクマから探す場合はこちらから

中古市場で購入する際には取引する相手に信憑性があるのか、取引実績が多いのかを確認する必要があります。
そのため、必ず評価とそのレビューをチェックして下さい。ここを見逃してしまい悪い出品者から粗悪な商品を購入してしまうケースが多いです。
完全自己責任になるのでできる限りリスクを避けて購入するようにしましょう。

筆者は中古市場はオススメしていますが、購入するのが初めての方は次の正規購入がオススメです。

Appleが大好き→Appleサイト

Appleが大好きな人はApple正規サイトから購入しましょう。

Appleでは第3世代が激安で販売されています。

第2世代ではOSアップデートが心配な方は第3世代の購入を視野に入れると良いです。税抜19,800円で購入できるのでとてもお得にApple Watchをゲットできます。

Appleストアで購入する大きなメリットは安心に購入できてアフターサービスも充実していることですが、Apple Watchをガシガシ使っている経験として壊れたことがないのでそれを享受する機会は少ないかもしれません。

第5世代を購入する場合

第5世代を購入する!という方は全てのサイトから購入できますが、一番オススメはPayPayモールです。

理由として、PayPayモールでは2020年現在20%キャッシュバックのキャンペーンを行っています。実質1万円分の値引きと第5世代を購入するのであれば最大の割引を享受できます。

AmazonやAppleストアは定価販売、楽天は定価以上の価格にポイントバックですがあまりメリットはありません。

中古購入の際の注意点と用意するものを理解する

なるべく安くApple Watchを手に入れたい場合、中古市場で購入する選択肢が出てきます。その際に、何を注意して何を用意するべきか解説します。

  • アクティベーションロックが解除されているのか確認する
  • 液晶と心拍センサーに割れや傷が無いかを確認する
  • 液晶の傷を水に濡らして傷が消えるかを確認する

大きくの3点を確認してから購入して下さい。

アクティベーションロックが解除されているのか確認する

これが解除されていないと非常にやっかいです。iPhoneとの紐付けがされている状態で、同一のApple ID に紐づいた端末から解除が必要なため購入する際には必ず確認しましょう。

万が一購入後にアクティベーションロックが解除されていない場合は、出品者に解除をお願いして下さい。フリーマーケットや中古市場で購入した際には紐付いているIDが分からない場合、どうすることもできないので注意して下さい。

液晶と心拍センサーに割れや傷が無いかを確認する

液晶に傷がある場合、タッチが正常にできない場合があります。また、心拍センサーに割れがある場合は正常に心拍を図ることができません。

AppleCareの対象であれば直す事は出来ますが高額な出費になります。また、心拍センサーに問題がある場合はApple Watchとしての機能を正常に果たせない場合が多いため必ず確認しましょう。

「ジャンク」と記載のあるものは壊れている商品なので絶対に購入しないように!

液晶の傷を水に濡らして傷が消えるかを確認する

液晶に傷がある場合は水に濡らしてもらって下さい。そうすると消える傷かどうかが分かります。

第2世代以降のアップルウォッチは防水性能が付いていますので濡らしても大丈夫です。濡らすのを何らかの理由をつけて拒む場合は不良の可能性が高いので注意しましょう。

水に濡らして傷が消えた場合は画面のフィルタを貼る事で傷を消すことが出来ます。

筆者はBaseusの商品を特にオススメしています。こちらを購入すればある程度の傷であれば貼るだけで見えなくなります。

アリエクスプレスデビューが未だの方は安心のYahooやAmazonから購入してみて下さい。

後書き

いかがだったでしょうか?自分にピッタリのApple Watchをゲットして素敵なAppleライフを送って下さいね!

Macユーザーであればこちらからお得に商品を購入できます。

>>続けて読みたい記事

人気記事アリエクスプレス登録方法を徹底解説!まずはこちらから